« 早いもので4年が過ぎました | トップページ | 嫌なんだけど外が気になるし… »

2007年3月 9日 (金)

複雑な気持ち

この道はどこに通じるのかと、知らない道を進んでいると、
急な坂道の先に、突然、目の前に現れた囲い。

何だろうと思いつつ、その小型版が道の反対側にあり、
その正体について合点いたしました。

S_pict4629

捕獲箱です。

Pict4623_edited1 Pict4624_edited1

捕獲箱の中には、サツマイモと落花生。

Pict4622_edited1 Pict4627_edited1

何を捕まえるためかというと、99%、猿です。

大分には、猿で有名な高崎山があり、観光資源の一つ。
山は里山であり、下るにつれ人の生活があります。

猿たちは、言わば、高崎山の中に隔離されているような状態。

捕獲箱には申請者や期間のラベルが貼ってあり、
捕獲即殺処分ということではあるまいと感じたのですが、
機会があれば捕獲の後にどうなるのか調べてみたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戻る途中で日陰の斜面に白い花の群生。

調べたところ、十中八九、「サツマイナモリ」という花のようです。
なんだか焼酎にありそうな名でしょ(笑)※右が蕾です。

S_satsumainamori1 S_satsumainamori2

|

« 早いもので4年が過ぎました | トップページ | 嫌なんだけど外が気になるし… »

コメント

*鯉三さん**
小さい頃は3つの群れの数が毎年増えていることを喜んだものです。自然界ではありえないことだなんて思わずに。

投稿: iharaja | 2007年3月12日 (月) 07時25分

捕獲された猿が山へ帰されるなり、猿を飼育しているところに放されるなりすることを願うばかりです。

投稿: 鯉三 | 2007年3月12日 (月) 02時51分

*Sweet_grassさん**
私は隣の市へ通勤ですが、退勤時に山沿いの道を使うことがあります。
以前、その道で夜遅く、イノシシ親子に出会ったことがあります。道を横断するまで待っていましたが、人家も近いのです。あの親子は無事に生き延びているかなぁ。
猿にしろ、イノシシにしろ、生活圏が狭まっていることは事実ですね。

投稿: iharaja | 2007年3月11日 (日) 23時32分

こんにちは。高崎山の近くの離れ猿ですかー。猿も生活が厳しくなっているのかもしれませんね。先日箱根に行ったら、「イノシシを銃で無事駆除しました」って町内アナウンスが入っていました。イノシシは荒っぽくて危険ですけど、町に下りるようになったのは、人間のせいではないかと・・・。

投稿: Sweet_grass | 2007年3月11日 (日) 14時35分

*かおこさん**
このあたりに出没するのは、離れ猿がほとんどです。群れは反対側の餌場に行き、芋や落花生などをふんだんに食べることができます。
ここでの群れの生活は一見安定しているように見えますが、自然の中で過密を生み、離れ猿を増やすことになっている気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
花はあまり香りはしませんでした。実は惜しいことをしたのです。接写で撮れば見た目と違う花容が見られたようなのです。

投稿: iharaja | 2007年3月11日 (日) 07時24分

*星子さん**
昨日、地元のニュースで猪や鹿に対する有害鳥獣(!?)の狩猟と捕獲政策の期間が延長されるかもしれないとありました。
久しぶりにこの辺りに行って山の荒れはひどかった。動物の往来しかなさそうなところに、「ごみゼロキャンペーン」の幟まであるのです。
これって一体・・・(ーー;)

投稿: iharaja | 2007年3月11日 (日) 07時14分

*なっちのママさん**
離れ猿のことは地元のニュースにも出てくるのですが、こうして目の当たりに捕獲箱を見て少なからずショックでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この花は元々三重県の稲森山で見つかったそうです。で、薩摩で見つかった稲森なので「薩摩稲森」なんですって。ううむ、シンプルなネーミング。
大吊橋にはまだ行ったことないです。実は、来週末に友人とこの辺りにある温泉宿に一泊の予定です。

投稿: iharaja | 2007年3月11日 (日) 07時02分

つかまったお猿の行方が気になりますねぇ。
つかまった猿は、その経験から山に下りなくなるって事かしら?
でもお猿さんって、賢いし、学習して考えて行動するから、同じ罠にはかからなさそうですね。

食べ物が少ないと下りてくるのかなぁ?(>_<)それなら、下りる気がしなくなるように、たまーにこっそり、ごはんを里山に隠してあげたらどうかしら?食べ物のないシーズンに。癖になるかな?

それにしても、この罠、私かかりそうだよぅ、どきどき。「あれ?!お芋じゃない?ピーナッツもあるじゃーん♪何で何で(≡^∇^≡)」とか言って入って行きそうです(汗)。うーん、この山には行くまい(-_-;)。

お花、可愛いですね。名前は焼酎だけど。いい香りがしてきそう。

投稿: かおこ | 2007年3月11日 (日) 00時59分

言葉がないです。
殺処分という方法しか考えられない愚かな人間。地球は、自然は、人間だけのものではないのに…。

投稿: 三日月星子 | 2007年3月10日 (土) 23時32分

お猿さんの捕獲箱でしたか。
複雑な気分ですね^_^;
この焼酎の花^m^は珍しいですね。
初めて見たように思います。
そうそう、今日はテレビで大分の吊橋が
大賑わいだと言ってましたけど、iharajaさんも
行かれましたか?お猿もいるのでしょうね。

投稿: なっちのママ | 2007年3月10日 (土) 21時47分

*マイキーさん**
基本的には自然公園の猿なので山に帰されるはずなんですが、山は既に数が飽和状態なのではないかと思います。

私も知人から聞いた話ですが、知人の家近くに出没していた猿は家に入り込み、仏壇のお供えをお持ち帰りしていたようです。
手を合わせていたかは不明です(笑)

投稿: iharaja | 2007年3月10日 (土) 21時29分

*ジェミーさん**
農作物被害を防ぐために野生の猿を餌付けしたのが高崎山自然公園の始まりです。が、狭い区域です。猿にとってここからは人の住む場所なんて関係ないのです。
山には猿のA、B、Cという3つの群れが存在するのですが、数年前からその内の1群が餌付け場所に全く出現しなくなったそうです。
山に異変が起きはじめているのかも知れません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漢字で書くと「薩摩稲森」、本当に芋焼酎の名前みたいですよね。
自生の北限は関東辺りらしいです。

投稿: iharaja | 2007年3月10日 (土) 21時22分

*union-jackさん**
ここは高崎山の南側に当たります。周辺ではみかんやびわを作っているらしく、猿たちにとっては魅力的なようです。
久しぶりにこの辺りに行ったのですが、道が広くなり、産廃関連と思われる事業所らしきものもいくつか見られ、甚だしく自然環境が壊されていると感じました。
実は10年位前になるのですが、捕獲した猿が違法譲渡され動物実験にされたという事実もあるようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サツマイナモリ」は漢字で書くと「薩摩稲森」。
ますます焼酎の名前みたいでしょ。

投稿: iharaja | 2007年3月10日 (土) 21時14分

iharajaさん、こんにちは♪
猿の捕獲箱ですか、捕まえられて、殺処分にされるんなら、山に逃がしてあげたほうがいいですよね。
大分県では、お猿さんが多いんですね♪
私の通っていた、高校も田舎で、山に囲まれていたこともあり、熊は出るし、イノシシは出るし、猿もいましたよ、猿は冬になると、山から下りてきて、木に登ってましたよ♪
そこに住んでる、友人から聞いたのですが、その猿たちは、お墓にあるお供えも物を食べるらしく、ちゃんと人がしてるように、手を合わせて、その後食べてたそうです、聞いてて笑っちゃいました、その反面猿は、賢いなと思いましたよ♪

投稿: マイキー | 2007年3月10日 (土) 18時15分

猿にしても、熊にしても、人里まで出てきてしまうのは、我々人間の影響が大なので、そうはいっても実際に生活に影響がある方々は本当に苦慮しておられると思いますので、被害のある方も、そうでない方も、皆でこの課題を考えていかなくては、と思います。
駆除ではなく、お互いに共生していける道を探したいものです。
捕獲箱が生々しくて、すぐに何もできないコトが、痛みます。

「サツマイナモリ」花の美しさもさることながら。。。(ジュルリ・・・)さぁ、今夜は芋焼酎いこっかなぁ~(笑)

投稿: 三日月ジェミー | 2007年3月10日 (土) 18時13分

猿さんは賢いので、一度仲間が捕獲されると、同じ手には乗りにくいと聞いた事があります。
山から降りてくるのは、山の食糧が減っているせいとも聞きますね。
猿サンも生きていくのに必死なんですよね。
捕獲した猿サンは、どうなるのか…ホント、気になりますね。

サツマイナモリ、可愛いお花ですね~!
確かに、芋焼酎って気もします(笑)

投稿: union-jack | 2007年3月10日 (土) 17時43分

この記事へのコメントは終了しました。

« 早いもので4年が過ぎました | トップページ | 嫌なんだけど外が気になるし… »