« 日本一の大吊橋 | トップページ | 小さな旅の写真館vol.1 »

2007年3月26日 (月)

高原の美術館

大吊橋の見物の後、飯田高原に久々に足を向けると、
数日前の寒気団がもたらした雪が残っていて、何やら得した気分。

その飯田高原の一角に「九州芸術の杜」がありました。
俳優の榎木孝明さんの水彩画などを展示している「榎木孝明美術館」と、
農作業中の事故で両手義手となり詩画作家の道を歩んだ
大野勝彦さんの詩画の「風の丘飯田高原大野勝彦美術館」があります。

S_bijutukan1 S_bijutukan2

榎木孝明さんの水彩画はとても明るい色彩にあふれています。

風景画には、最後に飛んでいる鳥を描き入れると聞き、あらためて見ると
確かにどの絵にもありました。彼の精神の表れでしょうか?
5月頃に飯田高原で榎木孝明さん参加のスケッチ大会があるそうです。

Bijutukan3 S_bijutukan4 Bijutukan5

大野勝彦さんの詩画を見たのは初めてです。
友人から「シャツの詩を読んだ?」と聞かれ、その額の前に立ちました。

腕を失い、シャツの袖が長いので鋏で切ってもらう情景です。
切ってもらう最中に鋏が濡れているので不思議に思ったら、
それはお母さんの涙だったという内容です。胸に迫る詩でした。

Kamakura S_skytrees S_ogawa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔おまけ画像〕
左は榎木孝明さんの絵のカード。(つい、猫を選んでしまいますね)
右は旅館で買った猫です。小さい方の猫は、桜で染めた桜色の猫。

Postcards Cats

|

« 日本一の大吊橋 | トップページ | 小さな旅の写真館vol.1 »

コメント

♪かおこさん♪
忙しかったみたいですね。少しはゆっくりできそうですか?
榎木さん、「逃亡者おりん」で怖そうな役のあの榎木さんです。作品がたくさんあってビックリでした。
大野さんの作品はじーんとするものが多いですが、にやりとさせてくれるものも結構あって、そこがまたいいです。
歩道の女性、ハイ、高校来の友人です。
この美術館がある飯田高原は標高が800~1000m位なので雪が降るほうです。今年は少なかったようですが、この数日前の雪が一番の大雪だったと言ってました。

投稿: iharaja | 2007年3月31日 (土) 09時28分

こんばんわー。
私にしては久々の書き込みです(^。^;)。
榎本さんって・・・私が大好きな「ぽちたま」の後番組、「逃亡者おりん」の人ですね(笑)。へー!こんなタッチの絵を描かれるんですねwe(゜o゜)we ちょっぴし意外かも?でも優しくてシンプルで好きです。あと、榎本さん、鳥は似合いますねー。ふふ。
カードを見て、動物をよく描く人なのかと思ったら、iharajaさんのチョイスだったのねぇ♪でも、私も絶対そうなります(´▽`;)。サガですね。
大野勝彦さんについては知りませんでしが、両手義手でも詩や絵をかかれるのですね。どうされてるのかしら。でも足で器用に描かれる人もいますよね。すごいです。。。

雪がかなり降ったようですね。かまくら?のようなのが作られてますね~。でも周りには雪がなくて、不思議な感じー。(=^エ^=)
一枚目の写真に写っているのはお友達でしょうか?絵になってますね♪

投稿: かおこ | 2007年3月30日 (金) 18時41分

♪union-jackさん♪
榎木さんは思った以上に絵でも活躍しているようです。北海道にも美術館があり、本やグッズもたくさんあってビックリしました。
大野さんも阿蘇の方にも美術館があるようです。どの作品も暖かい気持ちにあふれていました。
東京の開花宣言早かったですね~。こちらも、この日が雪の見納めだったようです。

投稿: iharaja | 2007年3月29日 (木) 23時13分

榎木孝明さんの絵はスゴイですよね~。先日BSで白川郷の旅をしながら絵を描いてらっしましたが、これもすごかった・・・。動物の絵も、動き出しそうな感じですね。美術館、行ってみたいなぁ~。
大野勝彦さんの詩、iharajaさんが説明して下さっただけで泣けましたわ・・・。ウウウ鼻水が・・・。
東京は、雪が積もることもなく桜が咲いてしまいました。
雪が好きな私としては、残念です・・・。
iharajaさんの撮った写真で、雪満喫しちゃおーーっと♪

投稿: union-jack | 2007年3月29日 (木) 14時03分

♪空ママさん♪
ここは、ドライブの途中で立ち寄ったと言う感じのお客さんもいましたよ。と言って、私たちもそうなんですが(笑)今度、旦那様といかがですか?
本文にも書いていますが、5月には榎木さん参加のスケッチ大会もあるそうです。
圧倒的に風景画が多いのですが、お土産はやっぱり動物シリーズ(笑)。
吊橋、今なら人が多くて怖いのを感じる間が無いですよ。

投稿: iharaja | 2007年3月29日 (木) 04時21分

私も行ってみたいな~~
行こうと思えば行けるんだけど、なっちのママさんのおっしゃるようにお友達とは無理なのです。。
引っ越してきてから、こちらには友達がいなくて。
作らなくっちゃね ^^
前住んでいた所だったら、絵が好きな友達がいたのですが・・。(スケッチ旅行の約束してたのに引越しになってしまった ^^;)
あっ、話しがそれましたが、榎木孝明美術館。いつか行ってみようと思います。
動物の絵、可愛いね♪
吊橋の写真見せてもらいました。
やっぱり恐そう~~!
吊橋は写真で見せてもらったし、行かなくてもいいかな~(^▽^;)>゛

投稿: 空ママ | 2007年3月28日 (水) 19時58分

♪なっちのママさん♪
榎木さんの絵は、なっちのママさんがスケッチされたり模写されている絵のような雰囲気でしたよ。「いい加減なスケッチのすすめ」という本もあり、
ちょっと興味を持ち始めています。(感化されやすい性格(^^ゞ)
大野さんは絵手紙の作品もありました。
2人ともあたたかい色味の作品が多いです。

投稿: iharaja | 2007年3月28日 (水) 06時07分

素敵な美術館ですね。お友達と美術館に
行けていいですね。
わが友らとは趣味が違うので無理かも・・
榎木さんは猫の絵もお描きになるのね。
大野さんのも榎木さんのも見たいです。

投稿: なっちのママ | 2007年3月27日 (火) 23時08分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本一の大吊橋 | トップページ | 小さな旅の写真館vol.1 »