« 豊後富士 | トップページ | 門前の小僧? »

2007年2月 8日 (木)

山に帰った子熊

宮城県で人家の軒下で見つかった子熊を山に帰したというニュースを
見ました。先月にも1頭の子熊を帰したとか。

子熊が入る穴には、空腹で再び出てこないように、
トウモロコシや団栗も入れてくれていました。
少しでも生き残れるチャンスを与えてくれて、ありがとう。

さて、昨年末、ラジオで聞いた話には驚きました。
熊の出没事件が5000件近く発生し、
実にその90%が「殺処分」されてしまったそうです。
つまり、昨年だけでも、
4500頭もの熊が自然死ではない死を迎えたことになるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山に帰った子熊よ
生き延びておくれね
もう二度と
ふもとに下りてきては
いけないよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【追記】
正確な数の発表の有無を調べましたが、探し出せませんでした。
ラジオで聞いた数字は聞き間違っていはいませんが、
必ずしも正確ではないことをお断りしておきます。
それに、実際に被害にあった方も相当数です。複雑な気持ちです。

次はWWFジャパンのHP(昨年11月の記事)からの引用です。
『11月初旬までに、本州で有害鳥獣として駆除されたツキノワグマは、
少なくとも2,600頭以上にのぼると見られています。』

|

« 豊後富士 | トップページ | 門前の小僧? »

コメント

DATE: 02/11/2007 08:05:05 AM
*鯉三さん**
この子熊、たくさんの人に囲まれて山に帰るときは興奮気味だったようですが、春まで静かに眠ってくれればと思います。
東南アジアやアフリカでは生活の苦しさや先進諸国の利便性のためにもっと多くの野生生物との対立も起きているようです。

投稿: iharaja | 2012年6月24日 (日) 13時10分

わたしもこのニュース、インターネットで見ました。
これまで山の近くに住む人間も山に住む熊もお互いの存在を認め合って、むやみに近づかないようにして生きてきたのが、何かの変化でバランスが崩れてきているようですね。なんとか共存できないものでしょうか。知床半島のヒグマと漁師はうまく共存しているようですね。

投稿: 鯉三 | 2007年2月11日 (日) 00時54分

*mikumonさん**
せめて、この子熊にはこの仔の寿命を全うしてほしいと思います。
気になったのは、親離れした頃なのか、まだ家族でいるべき時期なのかがわからないことです。
春になって起きて来た時は自分で食べ物を探せるようにとも思います。
もっとも、山自体が元気なら皆、食物に苦労することはないのでしょう。

投稿: iharaja | 2007年2月10日 (土) 08時55分

*かおこさん**
熊に限らず、悲鳴を上げている動物たちがいっぱいいると思うと、今何ができるのだろうと悶々とします。山も海も息絶え絶えなのかな。
takaさんのところでも熊の話、出ましたね。
私たち猫屋敷ファンとしては、辛い週末を迎えることになりました・・・。

投稿: iharaja | 2007年2月10日 (土) 08時47分

iharajaさんが言われる通り、ふもとに降りてきてはいけないよぉ~って心から叫びたい。

最近、TVで動物の自然死ではない数字や記事をよく見かけます。
その度に、人間って何様なんだろう?って思います。

投稿: mikumon | 2007年2月 9日 (金) 10時26分

こんばんわ。
今日は一日雪山へ出かけていたのでこの素敵なニュースは知りませんでしたぁ(>_<)!
殺処分はよく耳にしますが、そのたびに残念な気持ちになります。
以前takaさんの所にも同じようなこと書きましたが、熊が人里に下りてくるのは山に食べ物がないから。それはそもそも人間のせい。
熊を殺し続けたら、生態系がまた乱れるのに。
悪循環ですね。
テレビのニュースで殺されてビニールシートに横たわる熊の姿を見て、ショックでした。麻酔銃ではダメなのでしょうかね。
また下りてくるからかしら?
雪山も今までに見たことないほど、さらに雪が少ない状態でした。今年のこの目だった異常気象にしても、私達が思うよりずっと早く地球はダメになるかも・・・。て考えてます。
地球がこんなんじゃ今の子供たちの未来が心配です。

投稿: かおこ | 2007年2月 8日 (木) 22時55分

*てるてるさん**
本当にこの子熊がすくすくと育って、山の中を飛び回ってほしいです。
今年は家の周りも、いつもは春先に見かける鳥たちがやってきています。
異常気象が山の生き物たちの生活に追い討ちをかけそうで・・・

投稿: iharaja | 2007年2月 8日 (木) 22時16分

*マイキーさん**
今年は昨年以上に熊の問題が起きそうで心が痛みます。
そういう環境に住む人にとっても大変だとは思うのですが…。

由布岳、なかなかの山でしょう。
コーヒーは苦味があって、そこがまたいいのです。
先々週、先週と私としては珍しく動き回った感じ。

実は次は阿蘇山が登場します。
ここではワンちゃんたちも登場です♪

お寺や神社に猫、というのはいい風景ですよね♪

投稿: iharaja | 2007年2月 8日 (木) 22時09分

*空ママさん**
この子熊、すくすくと育ってほしいです。
今朝はこのニュースを聞いて、ちょっとほのぼのとさせてもらいました。
が、その後にあった大阪の殺虫剤事件のニュースに驚きました。
夕方のニュースでは猫にえさをやる人とそれをよく思わない人たちのトラブルもあったとか。難しいですね。

投稿: iharaja | 2007年2月 8日 (木) 21時58分

私はこのニュースはみてないけど、
やはりくまに限らず山の生き物が下りてくるのは
人間が山、緑を崩壊するからなんでしょうね。
無事に子熊が育って欲しいですね。

投稿: てるてる | 2007年2月 8日 (木) 20時51分

iharajaさん、こんにちは♪
熊の出没、かなりの数なんですね、それも殺処分なんですね、やはり人に危害を加えるということでなのかな、でも麻酔銃で撃って、後は山に返してあげることも出来ると思うんですが、やはり再発防止のためなのかな、でも、でも結局、元々、熊のいるはずの場所に、人がいるんだから、熊としてはいい迷惑ですね。
殺さずに、助ける方法も考えてほしいですね。
豊後富士いかれたんですね、綺麗な、山ですね、コーヒーもおいしそ~、猫ちゃんもいるんですね♪
大宰府天満宮にも行かれたんですね、ココは有名ですよね、名前聞いたことあります、マスコット人形の、ロンちゃんも可愛いですね、猫ちゃんもいるんですね、うちの家の近くの、お寺にも猫ちゃんたくさんいますよ♪
梅が枝餅も、おいしそうですね♪

投稿: マイキー | 2007年2月 8日 (木) 18時39分

このニュース私も見ましたよ。
また捕まってしまった・・。それも子熊・・。
と思ったら、山の穴に返してあげるシーンを見てホッとしました。
ドングリなど食べ物をいっぱい入れてあげていましたね。
ほかの熊にも、同じようにできないものかと思うと哀しいです。
熊が山里に下りてくるのは、もとは人間のせいだといつかテレビで言っているのを聞いたことがあります。
そんなにたくさんの熊が殺処分されているのですね。驚きました。

投稿: 空ママ | 2007年2月 8日 (木) 17時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« 豊後富士 | トップページ | 門前の小僧? »