« 長崎ランタンフェスティバル | トップページ | 龍踊り »

2007年2月27日 (火)

暗くなるまで待って…みた

フェスティバル会場は何箇所もあり、人出も半端ではありません。
そこで、今回は中華街のそばにある湊公園会場付近をウロウロしました。
飾り付けが凄い。派手。丼やレンゲを使ったオブジェまであり、面白い。

S_shinchi

ランタンの灯りが映えるのは、やはり暗くなってから。
それまで、唐人屋敷跡の付近にも行ってみます。
この辺は混雑もなくて、少しゆっくりできました。

↓とても気に入ったところです。坂段市場といいます。
古くからの商店や銭湯があり、昔懐かしのいい雰囲気でした。

S_sahadanichiba

|

« 長崎ランタンフェスティバル | トップページ | 龍踊り »

コメント

♪鯉三さん♪
この辺は下町情緒もたっぷりでした。
後で知ったのですが、出島同様にそれまでは分散していた中国から来た貿易人を唐人館あたりに集めて厳しく管理していたそうです。
そういうことがあって、色濃く残っているのかも知れません。
ここからは少し離れていますが、崇福寺、興福寺といった中国風のお寺もあります。崇福寺の門はまるで竜宮城かと思う風情です。

投稿: iharaja | 2007年3月 3日 (土) 22時04分

雰囲気のある界隈ですね。長崎は中国の文化がしっかり根づいているのですね。この写真を見る限り、ここが中国や台湾だと言われてもわかりません。ちなみに「売店」という言葉は中国語にありませんが。
台湾は明日、元宵節(小正月)を迎えます。台湾の元宵節は中国よりも伝統的な風習をよく残していて、とても賑やかですよ。

投稿: 鯉三 | 2007年3月 3日 (土) 20時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 長崎ランタンフェスティバル | トップページ | 龍踊り »