« 当番からのお願い | トップページ | もう少し大宰府のこと »

2007年2月 6日 (火)

あっという間に天満宮

九州国立博物館から太宰府天満宮までは歩いて数分
(動く歩道とエスカレーターがあります)。
後で調べたら九博は天満宮所有の土地に建造されたということでした。
近いはずです。

Sdazaifu1

境内の梅も、菅公(菅原道真)をしたって飛んできた「飛梅」もまだ蕾。

Stenmanguu

参拝したあと、参道にあるレトロな雰囲気のコーヒー店でちょっと休憩。
(どこに行ってもコーヒーショップに吸い込まれます。)

 

♪天満宮の土産♪
さて、太宰府天満宮の土産いえば、やはり「梅が枝餅」。
焼き立てだったので、家で包みを開けたときは少々形が崩れていました。
(しかも、この写真の餅は、撮影前は2個とも2階の床に転がっていた。
ラップに包んでいて無事でしたが・・・。(ーー;) 誰にゃ?)

Sumegaemochi1 Sumegaemochi2

そうそう、境内で猫に出会いました。

この仔はゴミ箱の縁に座っています。なかなかの面構え。

Ssabi1 Ssabi2

そして、この仔は鳥居から本殿に向かう橋のたもとで身づくろい。
体格はよく、大勢の人にもびくともしていません。
やおら歩き始めました。池沿いの道の先には茶店があります。

 

Sbuchi

♪お土産番外編

大分道にある山田SA。ここは時間があれば、必ず寄ります。
お目当てのものが売っているのです。
それは、筑前の小京都といわれる秋月にある廣久葛本舗の本葛きり。
(写真にちび平も特別出演です。)

Skuzukiri


|

« 当番からのお願い | トップページ | もう少し大宰府のこと »

コメント

DATE: 02/08/2007 09:51:08 PM
♪空ママさん♪
梅が枝餅は美味しいですね。
参道の各店では1枚から買えるので、食べながら歩いている人も。
さすがに境内では見かけませんでしたが(笑)
犯人はちび平か霄か。どちらも怪しい!

投稿: iharaja | 2012年6月24日 (日) 12時31分

大宰府はまだ行ったことがないのです。
けれど、梅が枝餅は大好きで、昔からデパートの物産展で見つけると買っていました。
梅が枝餅が2階の床に・・?
どなたでしょう~~。美味しいものがわかるんですね ^^

投稿: 空ママ | 2007年2月 8日 (木) 17時01分

♪鯉三さん♪
餡の入った焼餅です。出来立てはもっと白いのですよ。どこの店も写真のような焼き器を使ってひっきりなしに作っています。
神社やお寺にいる猫は、幾分のんびりしている気がします。人も神様仏様の前では動物にひどいこともしないのを知っているのかも知れません。

投稿: iharaja | 2007年2月 8日 (木) 03時48分

梅が枝餅は餡の入った焼餅ですか。京都の北野天満宮横にもおいしい焼餅の店があったのを思い出しました。神社に猫。似合いますね。

投稿: 鯉三 | 2007年2月 7日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当番からのお願い | トップページ | もう少し大宰府のこと »