« 何してるの? | トップページ | そう言えば一年前・・・ »

2006年10月 7日 (土)

左手にミステリと言いながら

サブタイトルで『左手にミステリ』としておきながら、本のことはまだ全然。

いざ書こうと思ったら、なんだか難しい。その内に、タイトルから外そうか・・・

今、私の読書時間は昼食のとき。基本的には文庫本派。

蔵書はミステリも含めて蔵書はかなりな数になるけれど、何冊あるかは不明。

データベースつくりは老後の楽しみにしよう・・・・かな。

 

今野敏さんは、結構バラエティーに富んだ作品をたくさん出しているようだが、

私は東京ベイエリア分署安曇班のものしか読んでいないかな。

STシリーズはちょっと苦手で『積読』状態。

この人の本に限らず、最近探すのは警察小説が多い。

横山秀夫、(初期の)黒川博行、そのほかいろいろ。

登場人物描写が巧みで、スーパー探偵が活躍しないものが最近の好み。

リンク: Amazon.co.jp: 隠蔽捜査: 本: 今野 敏

 

「隠蔽捜査」は主人公が自分自身が所属する警察という組織の中で苦悩する。

意外と警察小説の中にはこのようなシチュエーションのものが多い気がする。

仕事、家族、そして、信じる正義に迷いを生じる様子が巧みに描かれている。

同じく、今野敏さんの「パラレル」を読んだばかりですが、

「隠蔽捜査」の方がリアリティがあり、私にはあうようです。

|

« 何してるの? | トップページ | そう言えば一年前・・・ »