« シチューを食べて龍に会う[北鎌倉part2] | トップページ | 脱走防止ドア »

2006年7月29日 (土)

猫の箱[北鎌倉part3]

横須賀線沿いの円覚寺近く、建長寺方面に向うところに

モダンで落ち着いた佇まいの建物がありました。

表側が大きく開口していて、覗くとたくさんの猫の絵が飾られています。

居室へのドアが半開きになっていて、なんとも可愛い子猫が紐を相手に遊んでいた。

思わず入り、そこにいた女性に声をかけてしまう。

 

飾られた猫の絵は旦那様の作品とのこと。オープンスペースの画廊なんですね。

どの絵もいっぺんに気に入ってしまう。源ちゃんや里羽ちゃんに似た猫もいる。

 

円覚寺や北鎌倉駅に猫といった作品もある。

 

CGは無限に作品をコピーできるので版画のように刷数を決めているそうです。

手元不如意の私は作品のポストカードを何枚か購入。

 

どの絵も小さな命へのいとおしさで溢れています。

そのときは、ちょっと言い出せなくて写真は撮らずにいたのだけれど、

建長寺から北鎌倉駅に戻るときに、もう一度寄って撮影させてもらった。

中から旦那様も出ていらした。

 

Snekonohako060729_edited1

 

さてさて、子猫のこと。 ごはんちゃんといいます。

荒川で保護されたと聞きました。

 

そんな悲しい過去などすっかり記憶の中から感じさせない屈託のない顔。

 

この椅子がお気に入りなんだとか。

文句を言っているような顔だけど、実は、あくびの最中(笑)

眠かったのに、モデルになってもらってありがとうね。

Spict21542

我が家にも猫がいて・・・などと猫談義。

 

その内に、今度はぷりんちゃんという白い猫も連れてきてくれた。

なかなかの貫禄です。

 

Spict0013_edited2

北鎌倉「猫の箱」

なんともほっこりとしたひと時を過ごさせていただきました。

 

Spict0018_edited2

ご夫婦の名刺をいただく。 奥様はなんと一級建築士。

もしかしたら、あの建物は奥様の設計かな。聞きそびれてしまった。

|

« シチューを食べて龍に会う[北鎌倉part2] | トップページ | 脱走防止ドア »