« すわ鎌倉[北鎌倉part1] | トップページ | 猫の箱[北鎌倉part3] »

2006年7月29日 (土)

シチューを食べて龍に会う[北鎌倉part2]

「明月院」へ向う道沿いに「葉祥明美術館」があった。

そういえば、中学か高校の頃、葉祥明のイラストの便箋を使ったことがある。

明月院は、またの機会にして、美術館へ立ち寄ることにしました。

柔らかな色の絵に心が和みます。

庭に咲いていたバラの花、「アンネのバラ」の子孫なのだそうです。

Syoshomei060729_edited1

さて、ここで既に昼を回ってしまい、

北鎌倉を早々に引き上げないと江ノ電に乗る時間もなくなりそう。

雨も降ってきたことだし、北鎌倉駅に戻り電車で鎌倉駅を目指します。

でも、その前に腹ごしらえ。

Skyoraian

絶品のビーフシチューで有名な「去来庵」。鎌倉街道沿いにあります。

建物は「鎌倉市景観重要建築物等」に指定されています。

デミグラスソースと肉、野菜のハーモニーを堪能しました。ご馳走様!

人心地ついて、今回の目的のひとつ、建長寺へ向かいます。

北条時頼によって創建された禅宗寺院。

総門から方丈まで一直線に並ぶすっきりした伽藍の配置。

奈良や京都の古寺とはまた違う雰囲気。

印象に残ったのは三門、唐門。

Skenchoji060729

そして法堂(はっとう)の天井画の龍。

Spict2142_edited2

角や鋭い爪、荒々しい鱗。でも、ぐりっとした目は親しみを感じさせる。

建長寺の雲龍図は約80畳。

小泉淳作氏の筆によるもので、平成14年に掲げられた。

さあ、駅に急ごう。その前に、あそこに寄って写真を撮らせてもらおう。

北鎌倉の気になる建物と子猫の話は、引っ張って引っ張って、part3に(笑)

to be continued・・・

|

« すわ鎌倉[北鎌倉part1] | トップページ | 猫の箱[北鎌倉part3] »